福岡のマンション大規模修繕・大規模改修工事はあなたとあなたの大切なご家族の安全安心な暮らしそしてマンションの資産価値をお守りするマンション大規模修繕工事福岡.comにお任せください。
住商産業株式会社 福岡支店
TEL092-553-1780

耐震診断

命を守る、財産を守るための耐震 住商産業のマンション耐震診断

施工時期によって、マンションには年代ごとにそれぞれ特徴があります。
また、1981年を堺にして旧耐震基準と新耐震基準に分かれています。

旧耐震だから全てが地震に弱いとは限りません。昨今、九州でも地震を地震による被害が身近になってしまいました。

住商産業ではお住いのマンションの状態を管理組合の皆さまに知っていただきこれからどうすべきなのか客観的に判断できる資料としてマンション耐震診断を行っております。

住商産業はマンションの現状を様々な点からしっかりと把握した上で、安心で確実な修繕、改修の方法をご提案致します。

耐震基準の変遷と耐震診断の必要性について

1923年の関東大震災を受け、1924年に「市街地建築物法改正」として初めて耐震規定が設けられました。
地震大国日本と言われる程、地震災害が多い日本では、昔から建物の地震対策に取組んでいます。
方針を大きく転換されたのは1981年に施工された「新耐震設計基準」であり、それまでの基準を「旧耐震」、以後を「新耐震」と呼び区別されています。人命の保護や財産の保全を目的とした建築基準法において中地震において倒壊しないことが基準となっていたもの(大地震を想定していないため、人命が危険にさらされる)に対して新耐震は震度6程度の大地震においても建物が崩壊・倒壊しない耐震性が求められるようになりました。

耐震診断とは想定される地震動に対しての必要な耐震性を確保している、あるいは現行の基準と同程度の耐震性があるかどうかを判断するために行うものです。

耐震診断の結果、補強が必要な場合でも住商産業がご相談にのりますのでご安心ください。住商産業は熊本地震での復旧工事を多数手がけております。

旧耐震基準のマンションの場合など耐震診断で助成金を利用できるケースがあります。利用可能かの確認を含めて住商産業が管理組合・理事会の皆様をサポートいたします。詳しくは住商産業にご相談ください。

※助成金は行政により異なります。個々のケースにつきましてはご相談ください。

 住商産業のお問合せ方針

どんな些細な疑問でも、お気軽にご相談ください。長年の経験や知識をもとに、私たちが客観的にあなたの疑問にお答えします。お急ぎの場合はお電話でのお問合せが便利です。

ご返信のメールアドレスだけでもOK!

メールでのお問い合わせも営利・営業目的ではありませんので、メールフォームには個人を特定できるようなお名前・ご住所等のご記入は任意で、入力必須項目はメールアドレスのみです。

2営業日以内に返信が無いときは恐れ入りますがお電話願います。